情報流通ビジネス研究所

弊社ではICT(情報通信技術)分野に関する自社企画レポートを各種発行しています

北米ICT市場調査報告書  御社の北米テレコム・メディアマーケット進出のために
 ICT分野において米国市場は、世界の流れを主導する地位を完全に固めました。日本企業が国際ビジネスを本格展開するためには、米国の動静をウオッチする必要があります。本報告書は、米国テレコム市場の現状とメジャープレーヤーの戦略、課題を詳細に分析するととに将来の方向を展望し、御社の国際戦略構築を力強くサポートするものです。
モバイルインターネット要覧  独自の斬り口と洞察に定評
 業際化と重層化が加速するワイヤレス産業。この動向を的確に把握するには、インフラから端末、技術から流通、国内と海外――と複眼的に捉えることが重要になってきました。モバイルインターネット要覧は、紋切り型の内容やデータの羅列を排した詳細な記述が大きな特徴です。独立系ICT専門である弊社の視点で、業界や市場を喝破するキーワード分析を中心に「豊富な斬り口」と「使えるデータ」によって、モバイル/ワイヤレス産業の今後を眺望し、新ビジネスへの突破口を提示します。
3.9G/4G市場調査報告書 
海外3.9G市場拡大に向けた覇権競争の構図を展望
 LTEは、高速性に加えて遅延の少なさから、クラウド・コンピューティングに適した環境を実現する、次世代インフラの大本命と目されています。最近では中国勢が推進する「TD-LTE」が急速にクローズアップされてきました。本調査報告書は、海外におけるLTE-FDD/TD-LTE/WiMAXの最新情勢や企業動向を展望するとともに、TD-LTEの登場・本格化がこれからの3.9Gの国際主導権争いに及ぼす影響度を分析しています。
フェムトセル集中調査プロジェクト報告書
 風雲急を告げる新たな戦略デバイスの事業シナリオを提示
 超小型BTSとして開発されたフェムトセルですが、最近では新たなビジネスの戦略ツールと目されてきました。本プロジェクトは、フェムトセルを取り巻く市場環境やビジネスモデル、企業戦略の検証を始め、関係者/消費者対象の定量調査など多様なアプローチを集中的に実施、次世代モバイルのカギを握るフェムトセル関連ビジネスの具体像を明らかにします。

 

「米国通信市場総覧2011」~世界をリードし始めた北米テレコム・マーケットの実態と見通しを提示
米国通信市場総覧2011

スマートフォン・ブーム発祥地となった米国市場は、メディア業界との融合が本格化する段階に突入し、世界の流れを主導する地位を完全に固めたといえます。換言すれば、日本企業が国際市場においてこれから本格的ビジネスを展開していくには、米国の動静をつぶさにウオッチしていく必要があるといえるでしょう。
米国では、音声に代わる収益源の発掘とオープン化トレンドに乗るため、主要プレイヤーが独自のアプリストアやプラットフォーム構築を急ぐ一方、クラウド/スマートグリッド/M2M/ヘルスケア/モバイルコマースといった新分野に踏み込んでいます。
一方、放送メディア分野においては、IPTVおよびスマートTVの普及とOTT事業者の登場で、これまで強固な地位を築いてきたCATV事業の基盤が揺さぶられています。ケーブル業者は料金を値下げし、インターネットとVoIP事業の強化はもちろん、無線市場への進出で反撃しています。
本報告書は、米国テレコム市場の現状とメジャープレーヤーの戦略、課題を詳細に分析するととに将来の方向を展望し、国際ビジネスの本格化を考えている企業の戦略構築をサポートします。

■発   行 :2011年4月8日
■体   裁 :A4版・722
頁・図表全544点・オールカラー印刷
■定   価 :
262,500円 (本体250,000円+税12,500円

詳細


「モバイルインターネット要覧2011」~業界定番の携帯電話/ワイヤレス市場予測レポート
モバイルインターネット要覧2011

モバイル市場に大波が押し寄せてきました。国内のインフラレイヤではいよいよLTEサービスが商用化。一方では、既存3Gネットワークのアップグレードも進行しています。そして、iPhoneで火がついたスマートフォン・ブームが本格化。現在、Andoroid OS等を搭載したスマートフォンがベンダー各社から続々とリリースされています。
上位レイヤでは、モバゲーやGREE、mixiなどが火付け役となり、携帯ベースでのソーシャル・サービスがゲームを中心に爆発的に市場拡大中。このようにモバイル市場は、インフラから端末、サービスまであらゆるレイヤで次世代ビジネスが続々と登場しています。
本書はホットキーワード分析を始め、市場予測や企業戦略/システム動向を凝縮。ファクトの整理に終始せず、独自の分析と予測を行っている点が類書にない特徴です。

■発   行 : 2010年11月29日
■体   裁 : A4変型・
498頁・図表全310点・表紙カラーPP加工・本文白黒
■定   価 :
 
99,750円 (本体95,000円+税4,750円

詳細


4G市場調査報告書

LTE-FDD/TD-LTE/WiMAXの最新情勢とグローバルプレーヤーの動向分析

スマートフォンやパッド型端末に注目が集まるなか、モバイルブロードバンド網構築ニーズが急速に高まっています。特にLTEは、高速性に加えて遅延の少なさから、クラウド・コンピューティングに適した環境を実現する、次世代ネットワークの大本命と目されています。そうしたなか、最近では中国勢が推進する「TD-LTE」が急速にクローズアップされてきました。
先行きの不透明さが指摘されるWiMAX事業者も、TD-LTEに多大な関心を寄せて
。「LTEvs.WiMAX」という構図は、「FDDvs.TDD」に変わりそうな気配です。
本調査報告書は、海外におけるLTE-FDD/TD-LTE/WiMAXの最新情勢や企業動向を展望するとともに、TD-LTEの登場・本格化がこれからの3.9Gの国際主導権争いに及ぼす影響度を分析しています。

■発   行 : 2010年7月12日(初版第1刷)
■体   裁 : A4変型判・180頁・表紙カラーPP加工・本文白黒
■定   価 :
 
99,750円 特価・63,000円(税込)

詳細


フェムトセル集中調査プロジェクト報告書シリーズ

フェムトセル関連市場と事業戦略の展望

フェムトセル市場の動きが風雲急を告げています。もともと超小型BTSとして開発されたフェムトセルですが、最近ではデッドスポットを解消するデバイスというよりも、新たなビジネスモデルを構築するための布石という位置付けが世界的にも主流になってきました。
本プロジェクトは、フェムトセルを取り巻く市場環境やビジネスモデル、エコシステム、企業戦略の検証はもとより、関係者/消費者アンケートによる定量分析など、多様な調査アプローチを集中的に実施し、次世代モバイルのカギを握るフェムトセル関連ビジネスの具体像を明らかにするものです。

■発   行 : 
・2009年11月17日(第1回報告書「市場/業界/ビジネスモデル編」)
・2010年03月26日(第2回報告書「潜在市場編」) 

・2011年上期予定(第3回報告書「企業動向/エコシステム編」)
・2011年上期予定(第4回報告書「事業シナリオ/市場規模予測編」)
※今後の発刊につきましては、お申込み状況等により変更の場合があります。

※既刊レポート値下げしました 詳細


既刊レポート

モバイルインターネット要覧2008年度版 米国通信市場総覧2008 モバイルWiMAXの海外市場展望 フェムトセル導入に向けた国内外動向と事業モデル分析

モバイルインターネット要覧
2008年度版

(2008年5月12日発行)
目次

米国通信市場総覧2008
(2008年1月7日発行
目次

モバイルWiMAXの海外市場展望~北米/欧州/アジアにおけるオペレータの事業戦略と政策動向
2008年1月7日
目次

フェムトセル導入に向けた国内外動向と事業モデル分析
2007年11月12日
目次

韓国WiBro事業の現状と課題

モバイルWiMAXベンダーの国際戦略と無線ブロードバンド市場拡大のシナリオ
2007年5月14日発行
目次

韓国WiBro事業の課題
~日本の無線ブロードバンド
市場への示唆
(2006年8月3日発行)

目次

モバイルインターネット要覧2006
(2006年3月発行)

目次

韓国ブロードバンド・ポータルにおける収益モデルと
先端サービスの動向分析
(2005年1月発行)

目次

モバイルインターネット要覧2004-2005
(2004年8月15日発行)

目次

モバイルインターネット要覧
2003年度版

(2003年8月1日発行)

目次

モバイルインターネット要覧
2002年度版

(2002年7月5日発行)

目次

モバイルインターネット要覧
2001年度版

(2001年6月18日発行)

 
目次