情報流通ビジネス研究所
2014年1月
IoT/M2Mの動向 (2014/01/15)

FTTH やモバイルネットワークなどの通信回線を経由し、機械と機械との間でデータ通信を行うサービスを「M2M」(Machine to Machine)と呼ぶ。 遠隔で自動的に各種の測定や制御、センシングなどを行うというサービスは古くからあった。例えば、ガスや電力、水道におけるテレメトリング(遠隔検針)などは、アナログ回線の頃から行われている。

1